映画日記

-  |  次の5件 »

リアルスティール

家族で見ると最後に手をとりあってほんわかした気持ちになれる
そんなハートフルで暑い映画、リアルスティールをご紹介します( ゚∀゚ )ノ

男は元プロボクサーで世界の頂点に手を伸ばしかけた男
今はロボットボクシングという稼ぎで生活していた

借金もあり、家族や生活よりもロボットボクシングに打ち込む
典型的なダメ男

ある日、そんな男にひとつの連絡がはいった
別れた妻が亡くなり、子供を引き取ることに

しかし、引き取りたくない男は息子を引き取りたい親族に
裏で親権売買を成立させ、短期間だけ預かる事を交渉で決めた

自分の子供を愛するという感覚のない親と
親を親として考えない息子との共同生活が始まるかと思いきや

息子の親権売って金が入った男はすぐに新しいロボを購入し
意気揚々と子供をほっぽって自分は賭けボクシングに出かけようとする

しかし、この息子・・只者ではない
出かけようとする男の車のキーを取り上げ僕も連れてけと交渉
仕方なく、男は息子と行動を共にロボットボクシングに出かける

子連れ狼のようにここから快進撃が始まるかと思えば
親権を売って手に入れたロボは賭けボクシングでコテンパンに・・

もはや金のない男は廃棄されたロボの部品を探しに
息子を連れて行くがそこでアクシデントが発生する

雨で足を滑らせた息子が谷底に落ちるが
間一髪の所で、廃棄部品のロボットの腕に引っかかり一命を取り留める
今までは雑に扱っていた息子を必死に助けようとする男

このとき、息子の命を救った捨てられた型遅れのロボット
これが二人の運命と心を大きく変えていく

この映画を見終えた感想はずばりこれ
シルベスタスタローンの「オーバーザトップ」という作品のように
行動を共にする子供のためにがんばる親の姿
そして往年の「ロッキー」を思わせるようなボクシングのアクションシーン
さらに、勝利後のエイドリアーン!を思わせるような大団円

「ロッキー」と「オーバーザトップ」のふたつの映画の融合を感じます
両方の映画を見た事がある人におすすめの映画です( ゚∀゚ )ノ

今すぐ見る?
DVDはこちら
BLU-RAYはこちら

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 ミッション・トゥ・マーズ

夢あふれるSF映画でおすすめな
ミッション・トゥ・マーズをご紹介(´▽`)ノ

火星探査に出発した先発隊が火星を探査中に発見した謎の山
その先端から氷のような地表が見えたため
調査のために成分を調べるレーダーを照射すると

突如砂嵐が発生し、探査クルー巻き込まれる
その通信を受け取っていた本部は急遽救出チームを組み

第二陣を火星へと送り込む
航行は順調に思えたが、突如発生した宇宙の塵に遭遇し
機体を損傷し、航行不能となる

そこで、リーダーが決断したプランは
宇宙服のみで、火星軌道上にある衛星に飛び移る作戦

その飛び移り作戦を行ったが、推進用の燃料が足りず・・
減速不能のまま、衛星に突っ込んだ
ひとりは自らを犠牲に衛星に飛び移り、ワイヤーをつなげ仲間を救う

本来の救出作戦のプランはもはやないまま
なんとか、その衛星をコントロールし、
火星に不時着した一行を待っていたのは
第一陣の生き残りの一人だった

調査事故からすでに1年以上・・
彼はどうやって火星で生き抜いていたのか?
そして、その彼が気づいた驚愕の事実とは?

すべては最後まで見れば納得の結末!
という訳で興味を持ったらレッツビデオや(´▽`)ノ

ミッション・トゥ・マーズ

ちなみに、この映画、火星につくまでもハラハラどきどきの
スペクタルな山場が一杯あるんだけど・・

火星についてからの真実のほうがすっごく深い
火星に過去になにがあったのか?DNAの謎?人間の誕生の秘密!?

この辺に興味があれば、非常に楽しめる映画です

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステキな金縛り

三谷幸喜作の映画は安定のクオリティですね
今回も笑っておどけて楽しめる作品 ステキな金縛りをご紹介(´▽`)ノ


とある殺人事件が事の発端
旦那と不倫をしている現場を見てしまった妹が姉を殺し
その罪を自分の旦那になすりつけてしまいました

そして、裁判でその無実の罪をきせられた旦那にはアリバイが

「その日は一晩中金縛りあっていました」

法廷の場で誰も信じる訳がなかった馬鹿らしい話
だけど、弁護士が実際にその旅館に訪れると

ほんとにいました落ち武者の幽霊
その落ち武者役が、二枚目から三枚目まで難なくこなし
コメディも鉄板の西田敏行が演じます

魅せます、やります、笑かします(笑)
え?落ち武者?という現代の情報に詳しいのは
暇な時、ニュースを見てたから?

深津絵里とのコンビネーションが抜群!
死後の登場は落ち武者だけではありません

幽霊の行動を監視する監察官まで登場し事態は急展開
え?心霊写真に写るのはポイント制?w

なんかよくわからないような細かな設定が非常に楽しい

落ち武者ヘアーの生瀬勝久やちょい役者役の佐藤浩市
落ち武者の子孫に浅野忠信、ライバル検事に中井貴一

深津絵里の旦那に木下隆行(TKO)
幽霊が見えるキャバ嬢に篠原涼子

ところどころにシリアスな笑いを入れる阿部寛
事件の重要人物となる姉・妹を演じる竹内結子

深津絵里の父役に草なぎ剛
ウエイトレス役の深田恭子、旅館の女将に戸田恵子

阿部寛の死を看取る医者に唐沢寿明など
豪華な役者メンバーがあますことなく、個性を生かして登場します

何の映画を見ようかな?と悩んでいるなら
ゆっくりじっくり楽しめるステキな金縛りを(´▽`)ノレッツビデオや

ブルーレイ ステキな金縛り

DVD ステキな金縛り

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 王立宇宙軍 オネアミスの翼

古い映画ですが、ぜひおすすめのアニメ映画をご紹介(´▽`)ノ
ジブリ好きなら間違いなく楽しめる幻の名作です

主人公が属する宇宙軍
それは名ばかりの兵隊で、戦争にも参加しない
趣味でロケットを打ち上げてるような自他共に認めるポンコツ兵の集まり

宇宙軍の制服を着てあるけば笑われるような認知度
そんな事もあっけらかんとしてひょうひょうとしている主人公

なんとこの主人公の声が森本レオだってんだから驚きだ(´▽`)ノ

今までのアニメでかつて、ここまで軽〜くけだるい主人公がいただろうか?
というくらい、主人公シロツグ=森本レオがマッチしている

脇を固める声優人は今はもう大御所中の大御所ばかり
さりげなくレポーター役で聞こえる声は徳光さん!?

おっと、脱線してしまった

そんなひょうひょうとした主人公は神を信仰するある女性と出会う
宇宙軍に属していて、星の話をするといったら女性が興味を示した

そんな単純で不順な動機をきっかけに
真剣に宇宙を目指し、最初の有人打上の飛行士として志願を決意

そして、日々過酷な訓練を繰り返し
月日はたち、ロケットは完成し、打ち上げムードが高まると
国民によるデモが起こる

「ロケットなど作らずあなた方の軍の予算を半分にすれば
国民3万人が屋根のある家に住めるのですよ?」

あるリポーターのインタビューで主人公は国の現状を知る事となる
何のために宇宙へ行くのか?使命とは何か?

そして、本人をよそに暗躍する政治的陰謀・・
国がロケットを打ち上げるというのは、今の時代でも穏やかな話じゃない訳で
他国もこの打ち上げ騒動にまぎれて暗殺者が動く

苦悩をするシロツグとの上官の会話がまた深い!
一部を抜粋すると

「若い頃は歴史家になりたかった」
「なぜならなかったのですか?」

「戦争が起きた、それで軍人になった」
「同胞を侵略から守るために必死で戦った」
「しかし、それが正義などではなく、
殺戮の歴史をなぞっているだけであることもよく知っていた。
悲しかったよ。軍人になったことがじゃない、歴史を勉強したことがだ」

「歴史は破産するまで終わらないゲームなのだ」
「たぶん、まぬけな猿が始めたに違いない」
「昔へ戻れだと?道は一本きりではないか」
「大切なのは自分の立場を見つけることだ」
「そこでなにをやるべきか?なにをやるべきではないかを考える」
「本物の目玉は鼻の上についている一組分、それだけだ」

「そこから見てみろ、なにが見える?」

「・・女のケツ」 ← 森本レオの甘い声で(笑)
「お前のは・・節穴だ」

深読みすれば非常におもしろいw
作中にはかなり深いセリフが多く登場します

また、世界感というか、街中の独特な構成が文明を感じさせます
ロケット・・とはいうけど、PCなどハイテクなものはなくてすべてアナログ

まさに1987年の時代背景を感じさせる一品
監督のひとりはエヴァンゲリオンでおなじみ庵野さん

人間の苦悩や殺人の描写など黒い部分もしっかりと描かれてます

タイトルでは宇宙軍と描かれているものの・・
作中で後半になってもまったく宇宙へ飛び立たない異質の作品

そもそも・・序盤に見たあの技術でほんとに有人飛行ができるのか?

それは驚愕のラストまで見た方のお楽しみ(´▽`)ノ
古いアニメ映画だからといって、軽く見てはいけない

時代を超えて名作はほんとに名作と感じる一品です
興味を持ったら、さっそく見てみよう

王立宇宙軍 オネアミスの翼を今すぐ見る?

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムマシン(2002)

今日もちょっと古い映画ですが、良作なおすすめ映画をご紹介(´▽`)ノ

西暦1800年代、まだ馬車が道を行きかう時代に
幸せなカップルがいました

二人は結婚を誓う中でしたがプロポーズのその瞬間
彼女は不慮の事故で命を落としてしまいました

その現実を受け止めれない彼は物理学者
彼女に起こる事故を過去に戻って回避するために
タイムマシンを開発しました

ここまではよくある話(´▽`)ノ でもこの映画ここからがすごい!

実際に完成したタイムマシンで彼は過去のプロポーズの日にもどり
生きている彼女との再会を果たしました

そして、今度は彼女に起こる事故を未然に防ぐことができました・・が
なんとその後、彼女は、別の事故で命を落としてしまうのです

彼は悲しみに泣き崩れましたが、すぐさまタイムマシンで
また戻り、彼女を二度の事故から救いました・・が
またまた予期せぬ事故で彼女は命を落としてしまいました

そして、彼は今度は過去ではなく未来へ向かいます
最初は2030年、1800年代の人間がおよそ300年後に

そこで彼はとんでもない事件に巻き込まれ・・
タイムマシンに乗ったまま意識を失います

そして、気がつけば80万年後の未来
そこで、彼はある事実に気づく事になる・・

挿入音楽といい、アクションシーンの迫力といい
まさに一級品の映画なのでじっくりと楽しめますよ

議論をかもし出す、タイムトラベル系が好きな人なら
驚愕のラストにきっと息を呑むでしょう

展開に引き込まれる2時間(´▽`)ノレッツビデオや

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 映画日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。